クラウドワークスでアフィリエイト記事作成の外注化をしよう!

アフィリエイトで月数万円から数十万円以上稼げるようになったら外注化を考えてもいいと思っています。

外注はお金がかかると思いがちですが、意外とお金はかかりません。

私の場合、平均では、月に5万円から10万円くらいの外注費を使っています。

 
今のところ外注に指示をだすのは私の仕事なので、

私のキャパシティ的にどんなに頑張っても10万円くらいまでしか使えません。

これから外注をやっていこうという場合は、まずは月に1万円くらいの予算からはじめてもいいと思います。

それだけで、かなりの作業負担が減ります。

 

外注を探すならクラウドワークスがおすすめ!

私自身が利用してきた中で、おすすめの外注サイトは「クラウドワークス」です。

クラウドワークスでは外注と直接契約することなく、クラウドワークスを通して間接的に契約します。

感覚的には、ヤフオクで販売者と購入者でやりとりする感じに似ていますが、

個人情報の交換がないので、安心して利用できます。

また、タスク毎に発注できますから、短期の募集や、一記事のみの募集なども可能です。

 

最初は記事作成から外注化しよう!

外注できる作業は、記事作成から記事投稿、ブログ作成、デザインなど様々ですが、

最初の外注化でおすすめなのが、「記事作成」の外注です。

クラウドワークスの場合、1記事あたり 50円から200円くらいが相場で、

ランサーズや、@SOHOなどよりも相場が安いです。

 

私が実際に発注している記事単価について

はじめて外注する場合は、単価について悩むと思いますので、

参考まで、私の発注単価の目安を書いておきます。

 
私の場合、サテライトサイトの記事作成と、メインサイトの記事作成で単価を分けています。

サテライトサイトの記事作成は、安い時で1記事400文字で50円から80円くらい

メインサイトの記事作成は、1記事800文字から1000文字くらいで、150円から350円くらいです。

メインサイトの記事は、書いてもらう内容によって単価は柔軟に変えていますし、1記事500円以上をお支払いすることもあります。

 

はじめての外注でおすすめの発注方法

はじめての外注の場合、単価と発注方法で悩むと思いますが、

おすすめの発注方法は、サテライトサイトの記事作成をなるべく安い単価で募集してみることです。

1記事80円くらいで、書いてもらいたいジャンルを指定して書いてもらう感じですね。

失敗しても諦められるくらいの価格が理想です。

 
1、2人のライターを採用して、1,000円から2,000円くらいの予算を使って実践してみると、

今後どのように外注化していくべきかイメージできると思います。

 
このように、とりあえず安い価格で発注することは、

外注化にメンタルブロックがある方に、特にお勧めしています。

一度外注化してみると、意外と簡単にできることがわかると思います。

作業を外注化していくことで、アフィリエイト作業は確実に効率よくなっていきますので、是非チャレンジしてみましょう!

私が月100万円以上稼いでいるアフィリエイトの全てを
無料のメール講座で限定公開することにしました。

Sotook!ブランド×トレンドアフィリエイト

なぜ、アフィリエイトだけで月100万円以上を稼げるのか?

そのすべてのメソッドを初心者でも再現できるように実践レベルに落とし込みました。

 

このメール講座では、アフィリエイト初心者だった頃の私が

ゼロから最初の1万円を稼いだ方法

3ヶ月後に10万円稼いだ方法

そして現在まで継続して100万円以上を稼ぎ続けている方法

初心者でも再現できるように一つひとつ丁寧にお伝えしています。

 

さらに期間限定で、私がアフィリエイト初心者の頃に、

40,615円稼いだ全手法

実際に稼いだサイトURLをE-Bookにして無料配布しています。

 

このE-Bookは、非常に再現性が高い手法なので今のうちに入手しておいてください。

 

E-Bookはメルマガ登録後、すぐにお届けしています。

メルマガ登録【無料】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。