WHOIS代理公開を自分のユーザー情報に戻す方法:バリュードメイン

バリュードメインから別のドメイン管理業者へドメイン移管する場合は、

事前に、WHOIS代行公開を自分のユーザー情報へ統一する必要があります。

 
ここでは、バリュードメインのWHOIS代行公開を自分のユーザー情報に戻す方法を解説していきます。

 

まず、バリュードメイントップページから『WHOIS登録情報の変更』へ進みます。

バリュードメイン

 

『ドメインの登録情報変更』からWHOIS代理公開を変更したいドメインをクリックして進みます。

バリュードメイン

 

『ドメイン(○○○.com)の登録情報変更』画面の一番下あたりに、『事前登録されているユーザー情報へ統一』があります。

バリュードメイン

『ここをクリック』という箇所をクリックすると、WHOIS代理公開が解除され、

ユーザー情報が事前に登録している情報に変更されます。

ユーザー情報を確認したら、『変更』をクリックすればWHOIS代理公開が解除されます。

 

もう一度『ドメイン(○○○.com)の登録情報変更』に戻り、『WHOIS代行』が無効になっていることを確認しておきましょう。

バリュードメイン
 

ドメイン移管する場合は、次に、

『認証鍵情報』を確認していきましょう。

バリュードメイン認証鍵(Auth-Code)確認方法

ドメイン価格が安くおすすめなのはエックスドメインです。

エックスドメインへの移管手続きはこちら

私が月100万円以上稼いでいるアフィリエイトの全てを
無料のメール講座で限定公開することにしました。

Sotook!ブランド×トレンドアフィリエイト

なぜ、アフィリエイトだけで月100万円以上を稼げるのか?

そのすべてのメソッドを初心者でも再現できるように実践レベルに落とし込みました。

 

このメール講座では、アフィリエイト初心者だった頃の私が

ゼロから最初の1万円を稼いだ方法

3ヶ月後に10万円稼いだ方法

そして現在まで継続して100万円以上を稼ぎ続けている方法

初心者でも再現できるように一つひとつ丁寧にお伝えしています。

 

さらに期間限定で、私がアフィリエイト初心者の頃に、

40,615円稼いだ全手法

実際に稼いだサイトURLをE-Bookにして無料配布しています。

 

このE-Bookは、非常に再現性が高い手法なので今のうちに入手しておいてください。

 

E-Bookはメルマガ登録後、すぐにお届けしています。

メルマガ登録【無料】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。