WordPressのカテゴリーページ「説明」欄でショートコードを使う方法

WordPressのカテゴリーページの「説明」欄でショートコードを使う方法を紹介します。

最近のWordPressテーマには、カテゴリーページに独自コンテンツを記載できるテンプレートも増えてきました。

SEO的にもカテゴリー内の記事一覧だけではなくページ独自のコンテンツを入れた方がいいですし、ユーザー視点で見ても閲覧しやすいページをつくることができます。

しかし、カテゴリーページは、初期設定のままだと(WordPressテーマにもよりますが)ショートコードが反映しないことが多いです。

今回は、ショートコードをカテゴリーページに反映させる方法を紹介します。

functions.phpに下記を追記する

カテゴリーページでショートコードを使うには、functions.phpに下記を追記するだけです。
子テーマを使用している場合は、子テーマのfunctions.phpに記述すればOKです。

※間違えて「スタイルシート(style.CSS)」に記述しないようにしてください。
 コンサルメンバーからたまに間違えて連絡がきます・・・。

記述内容はこれだけですね。

ショートコードは「説明」欄で使う

functions.phpの記述ができたら、あとはカテゴリーの「説明」欄にショートコードを使いつつコンテンツを入れていけばOKです。
カテゴリーページの説明欄は、プレビューが見れないので、投稿ページでコンテンツを作成してから、説明欄に貼り付けするのがオススメです。
ショートコードは、投稿画面にクイックタグを追加できるプラグイン「AddQuicktag」に登録しておくと便利です。

AddQuicktagのプラグインなどおすすめプラグインは下のページで紹介してます。

2018最新版!WordPressおすすめプラグイン【アフィリエイト・ブログ向け】 

私が月100万円以上稼いでいるアフィリエイトの全てを
無料のメール講座で限定公開することにしました。

Sotook!ブランド×トレンドアフィリエイト

なぜ、アフィリエイトだけで月100万円以上を稼げるのか?

そのすべてのメソッドを初心者でも再現できるように実践レベルに落とし込みました。

 

このメール講座では、アフィリエイト初心者だった頃の私が

ゼロから最初の1万円を稼いだ方法

3ヶ月後に10万円稼いだ方法

そして現在まで継続して100万円以上を稼ぎ続けている方法

初心者でも再現できるように一つひとつ丁寧にお伝えしています。

 

さらに期間限定で、私がアフィリエイト初心者の頃に、

40,615円稼いだ全手法

実際に稼いだサイトURLをE-Bookにして無料配布しています。

 

このE-Bookは、非常に再現性が高い手法なので今のうちに入手しておいてください。

 

E-Bookはメルマガ登録後、すぐにお届けしています。

メルマガ登録【無料】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。