Yahooスポンサードサーチ広告キャンペーンエディター(CSVインポート)申請方法

Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチCSVインポートができるスポンサードサーチ入稿支援ツール「キャンペーンエディター」は、

PPC広告を効率よく行うためにぜひ利用したいサービスです。

 

スポンサードサーチCSVインポート機能は申請することで利用できる

Yahoo!オーバーチェア時代は、CSVインポート機能が最初から使えましたが

Yahoo!リスティング広告、そしてYahoo!プロモーション広告と名称変更をしていくうちに

いつの間にか、CSVインポート機能がデフォルトでは使えなくなってしいました。

 
現在は、Yahoo!プロモーション広告に問い合わせ、

条件をみたすことでCSVインポート機能を利用できるようになります。

それでは、順にスポンサードサーチCSVインポート機能の申請方法を解説していきます。

スポンサードサーチCSVインポート機能の申請手順

まずは、スポンサードサーチCSVインポート機能を利用したい旨をカスタマーサポートに連絡します。

Yahoo!プロモーション広告に関するお問い合わせ

問い合わせ内容は、シンプルにこんな感じでOK。

 
Yahoo!リスティング広告 スポンサードサーチ CSV インポート機能

問い合わせるとすぐに自動返信メールがきて、その後、担当者から連絡がありました。

メールの内容はこんな感じ。

メール内のURLは一応消しておきましたが、

こちらから、「キャンペーンエディター」

つまりスポンサードサーチのCSVインポート機能の申請ができます。

 
それで、リンク先で利用申請する際に利用条件を満たす必要があります。

利用条件は詳しくは載せませんが、簡単にまとめると次の2つです。

 
1.スパムはやめてね。

2.3カ月以上の継続的かつ積極的な広告出稿実績が必要だよ。

他にもありましたが、重要な点はこの2つかと。

 

スパムをしないのは当然として、

気になるのが、『3カ月以上の継続的かつ積極的な広告出稿実績』のところですよね。

 

どのくらいの実績が必要なのか曖昧ですが、

私のクライアントの場合は、3ヶ月間で1,000円くらいの運用実績でも審査が通りました。

3ヶ月間継続して出稿していればOKなのかもしれません。

 

これで申請をして問題なければ、数時間から数日以内にCSVインポート機能が利用できるようになります。

CSVインポート機能を使うには、このように一手間必要ですが、

細かく広告グループを分けていくとなると、CSVを使って入稿していくのが効率いいですね。

 

ちなみに、なぜデフォルトでインポート機能が無くなったかというと、
おそらくは、情報商材のPPCアフィリエイターなどが
偽名などを使い、スパム出稿していたことなどが理由だと思います。

数年前までのYahoo!オーバーチェア時代などは、全然関係ないキーワードで、
情報商材のPPCなどが普通に出ていましたので。

その時代のPPCアフィリエイターは、きっと荒稼ぎしていたことでしょう。

今は消えてるでしょうけど(笑)

私が月100万円以上稼いでいるアフィリエイトの全てを
無料のメール講座で限定公開することにしました。

Sotook!ブランド×トレンドアフィリエイト

なぜ、アフィリエイトだけで月100万円以上を稼げるのか?

そのすべてのメソッドを初心者でも再現できるように実践レベルに落とし込みました。

 

このメール講座では、アフィリエイト初心者だった頃の私が

ゼロから最初の1万円を稼いだ方法

3ヶ月後に10万円稼いだ方法

そして現在まで継続して100万円以上を稼ぎ続けている方法

初心者でも再現できるように一つひとつ丁寧にお伝えしています。

 

さらに期間限定で、私がアフィリエイト初心者の頃に、

40,615円稼いだ全手法

実際に稼いだサイトURLをE-Bookにして無料配布しています。

 

このE-Bookは、非常に再現性が高い手法なので今のうちに入手しておいてください。

 

E-Bookはメルマガ登録後、すぐにお届けしています。

メルマガ登録【無料】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。